夫婦コンサルタント伊藤敏恵


浮気をする男性の心理-2


世の中には、浮気をしない男性も大勢いますが、ただ、そんな男性たちの「ストッパー」になっているものは、実際には、「妻との愛」ではないということは、前回お話したとおりです。
なかには、「妻を失いたくないから、浮気をしない」といった男性もいますが、それは、とても稀です。
つまり、「愛」だけでは、男性たちの「浮気」を止める「ストッパー」にはならないということなのです。
浮気をする男性の心理は、実は男性が持っている「所有欲」に大きく関係しています。
皆さんも、時々、男性から「コレクション」と称した「何か特別なもの」を持っているという「自慢話」を聞きませんか?
所有したいものは、それぞれの男性によって異なります。ある男性は、権威、仕事、キャリア、自分のポジションだったりします。
また、ある男性は、趣味に関するものだったり、車だったりします。
そして、なかには「女性」に対する所有欲を強く持っている男性たちがいます。
「女性に対する所有欲」が、男性を「浮気」に走らせる原因にもなっています。
そして、男性というのは、一旦、自分が手に入れたものは、惜しくて、捨てることができません。
時々、いますよね。昔のガールフレンドのメールアドレスや連絡先を消去できない男性たち。
これも、男性にとっては「惜しくて捨てられない」もの一種です。
なぜ、男性が「惜しくて捨てられない」という気持ちになってしまうかというと、これは、男性が持っている「テリトリー性」に関係があります。
男性は、「自分のテリトリー(領域)」を非常に気にします。
これは、男性のDNAに組み込まれた本能的なものです。
つまり、男性は自分の所有欲を満足させるために「浮気」というものに走り、そして、「一度、自分のテリトリーに入ったもの(女性)を逃したくない」という「テリトリー性」が強いため、浮気相手と別れられないということが起こるのです。
「今の状況を捨てるのが惜しいので、止められない」という状況になってしまうのです。


こちらも合わせてお読みください



伊藤敏恵
夫婦コンサルタント
心理カウンセラー

ピックアップ

2012年11月22日
■合格しました♪

Recent Posts

最愛の女性になるための夫婦の心理学

最愛の女性になるための
夫婦の心理学・メールマガジン

お名前(姓)
(例)山田
お名前(名)
(例)花子
メール
アドレス

メール
アドレス

 ※確認用

7つのラブシークレット

❤夫婦コンサルタント伊藤敏恵の 愛する男性の オンリーワンになるための 『7つのラブシークレットCD』 $夫婦仲修復*愛情あふれる夫婦を作る*夫婦の心理学-CDimage

結婚した男性が 結婚生活に望む9つの願望

❤夫婦コンサルタント伊藤敏恵の 結婚した男性が 結婚生活に望む 『9つの願望』 $夫婦仲修復*愛情あふれる夫婦を作る*夫婦の心理学-2ndCDimage

ラブリターンズプログラム

❤夫婦コンサルタント伊藤敏恵の 夫婦関係を修復して 夫婦愛を築くプログラム ラブ・リターンズ $夫婦仲修復*愛情あふれる夫婦を作る*夫婦コンサルタント伊藤敏恵の夫婦の心理学-lovereturnslogo2

夫婦関係修復個別コンサルティング

❤夫婦コンサルタント伊藤敏恵の 夫婦仲を修復するための 解決策を見つける 夫婦問題カウンセリング $夫婦仲修復*愛情あふれる夫婦を作る*夫婦の心理学-counselinglogo

夫に浮気をさせない5つの秘訣

❤夫婦コンサルタント伊藤敏恵の 夫に浮気をさせない5つの秘訣 マニュアル $夫婦仲修復*愛情あふれる夫婦を作る*夫婦コンサルタント伊藤敏恵の夫婦の心理学-5tips

Categories


このページのTOPへ