夫婦コンサルタント伊藤敏恵


■気持ちが滅入ったらコレをしましょう


?気持ちが滅入ったらコレをしましょう?
皆さんは、ご自分の気持ちが滅入ってしまったり、気持ちが落ちてしまったときは、どのようにして、ご自分の気持ちを上げていますか?
なかには、お天気模様が、曇りだったり、雨だったりすると、
「何となく、気分も盛り上がらない」
という状態になりやすい方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は、日照時間と気分の低迷は、密接な関係を持っているということを、皆さんはご存知ですか?
日照時間が少ない国の人たちは、日照時間が長い国の人たちに比べると、鬱になりやすいという統計も出ています。
例えば、イギリス。
イギリスは、日照時間が少なく、そして曇り空の日が非常に多いんです。
これは、イギリスにいる友人から聞いたことなのですが、イギリスでは、午後3時くらいになると、辺りがどんよりとし始め、グレー一色の空になるそうです。

そして、意外なことに、イギリスは鬱病になっている人や、精神的に病んでいる人が多いとも言われています。
それでは、逆の例えとして、ハワイを考えてみましょう。
明るい日差しと、太陽。
ハワイでは、人々は陽気に、時間を気にすることなく、過ごす傾向にあるそうです。
私たち人間も動物ですので、やはり、太陽を浴びていくことが、身体と精神を健全にするために必要なことなんです。
「外に出て、太陽の光を浴びると紫外線が…」
とおっしゃる方もいますが、今は、紫外線がカットできるローションやクリームがたくさん販売されておりますので、そういったアイテムを上手に使って、太陽の光を浴びた方がいいですね。
以前、アメリカで起こったことなのですが、紫外線を気にするあまり、太陽の光を浴びることを極度に避けて何年も生活していた女性がいました。
確かに、彼女の肌は、とても白く、シミなどがない肌でしたが、それとは引き換えに、彼女は大きな問題を引き起こしてしまったのです。
それは、一体、どのような問題かというと、
『骨粗しょう症』
です。
しかも、彼女の場合は、重度の『骨粗しょう症』で、30代半ばだった彼女の骨年齢は、なんと、
『70歳』
この診断には彼女も驚愕でした。
実は、日光を浴びることは、骨の形成にも必要なことなんです。
ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、素肌を日光に当てると、体内でビタミンDが合成されます。
このビタミンDは、カルシウムの骨への吸着を助け、骨の再合成を促進する働きがあります。
1日15分で構いませんので、素肌を日光に当てるとよいそうです。
そして、もっと良いことは、日光を浴びながら身体を動かすことです。
なかでも、お勧めなのは、
『ウォーキング』
です。
ウォーキングをすることによって、
『セロトニン』
というホルモンが出ます。
この『セロトニン』は、美肌を作るホルモンとして有名であり、さらに、肌を引き締める効果が高いといわれています。
また『セロトニン』には、感情を上手くコントロールするという作用もあります。
イライラや不安、感情が不安定になったり、鬱になりやすい、そういった状態のときは、
『セロトニンが不足している』
といわれています。
そのため、鬱病の治療のためのお薬の中には『セロトニン』が含まれています。
『セロトニン』は歩くことによって、分泌が促進されます。
ですので、もしも、皆さんが、
『気持ちが滅入ってるな….』
と思ったら、是非、ウォーキングをしてみて下さい。
特に、
『お天気が良い日のウォーキング』
というのは、私たちの身体にとって、ダブル効果なんです。
私たちの日常生活の中では、さまざまなストレスがあったり、納得いかないことや、理不尽なことが起こります。
勿論、さまざまな問題にも直面します。
ですが、それが、人生です。
何の問題もなく、過ごしていく人生というのはありません。
問題に直面したとき、最も大切なことは、
『その問題にどのように向かっていくか』
ということです。
『ポジティブに向かっていくのか?』
それとも、
『マイナスの気持ちで向かっていくのか?』
によって、結果も変わってきます。
自分の感情は、他人にはコントロールできません。
自分の感情は、自分でコントロールするしかないのです。
『気分が滅入ってしまって、どうしようもない』
『悲しくなってしまって、何にも手を付けられない』
『イライラや不安という感情をいつも持っている』
『自分の怒りを抑えられない』
といったようなことを、私はクライアント様たちから、非常に多く聞きます。
実は、そういったマイナスの気持ちを、和らげるのに役立つことのひとつが、
『日光を浴びながら身体を動かす』
ということなんです。
『え~ そんなの信じられない』
という方もいらっしゃいますが、これは、私自身も経験していることですし、他の心理学者の皆さんや、心理セラピストの皆さんたちも言っていることです。
これには、脳内物質である、
『アドレナリン』
『ドーパミンや』
『セロトニン』
が関わってくることなのですが、本当に効果があります。
『ちょっと、気分が落ちてるな…』
と思ったら、
『外で身体を動かす』
是非、これを試してみて下さい。

夫婦関係の修復が上手くいかないという方
ご主人と愛がある夫婦関係を築きたいと思いませんか?
夫婦関係を修復し、ご主人の愛を取り戻したい方は
夫婦コンサルタント伊藤敏恵の
【夫婦の悩み相談室】へどうぞ


こちらも合わせてお読みください



伊藤敏恵
夫婦コンサルタント
心理カウンセラー

ピックアップ

2011年11月12日
■執着心を手放す

Recent Posts

最愛の女性になるための夫婦の心理学

最愛の女性になるための
夫婦の心理学・メールマガジン

お名前(姓)
(例)山田
お名前(名)
(例)花子
メール
アドレス

メール
アドレス

 ※確認用

7つのラブシークレット

❤夫婦コンサルタント伊藤敏恵の 愛する男性の オンリーワンになるための 『7つのラブシークレットCD』 $夫婦仲修復*愛情あふれる夫婦を作る*夫婦の心理学-CDimage

結婚した男性が 結婚生活に望む9つの願望

❤夫婦コンサルタント伊藤敏恵の 結婚した男性が 結婚生活に望む 『9つの願望』 $夫婦仲修復*愛情あふれる夫婦を作る*夫婦の心理学-2ndCDimage

ラブリターンズプログラム

❤夫婦コンサルタント伊藤敏恵の 夫婦関係を修復して 夫婦愛を築くプログラム ラブ・リターンズ $夫婦仲修復*愛情あふれる夫婦を作る*夫婦コンサルタント伊藤敏恵の夫婦の心理学-lovereturnslogo2

夫婦関係修復個別コンサルティング

❤夫婦コンサルタント伊藤敏恵の 夫婦仲を修復するための 解決策を見つける 夫婦問題カウンセリング $夫婦仲修復*愛情あふれる夫婦を作る*夫婦の心理学-counselinglogo

夫に浮気をさせない5つの秘訣

❤夫婦コンサルタント伊藤敏恵の 夫に浮気をさせない5つの秘訣 マニュアル $夫婦仲修復*愛情あふれる夫婦を作る*夫婦コンサルタント伊藤敏恵の夫婦の心理学-5tips

Categories


このページのTOPへ