夫婦コンサルタント伊藤敏恵


■レスとセクシャル性と羞恥心


?レスとセクシャル性と羞恥心
本日は『セクシャル性』について、少しお話させていただきますね。
『セクシャル性』を高めるということを考えた場合、避けて通れないのが、
『羞恥心』
です。
いわゆる『恥ずかしいと感じる心』ですね。
大抵の場合、
『羞恥心』のレベルが高い方は、『セクシャル性』が低いです。
そして、逆に、
『羞恥心』のレベルが低い方は、『セクシャル性』が高いです。
簡単に言いますと、
『恥ずかしい』と感じる機会が少なければ少ないほど、セクシャル性が高く、『恥ずかしい』と感じる機会が多ければ多いほど、セクシャル性が低い。
ということなんですね。
あなたの状況を思い出してみて下さい。
あなた自身は、どのような状況で『恥ずかしい』と思う気持ちが湧き出てきますか?
もしもあなたが『恥ずかしい』と感じる状況が多い場合は、まずは、
『なぜ、恥ずかしいと思ってしまうのか?』
というあなた自身の深層心理について、探る必要がありますね。
そして、あなた自身が持っている『羞恥心の壁』を取り除く。
これが、セクシャル性を高めるためのひとつの方法です。
そして、もしかしたら、あなたのご主人も、セクシャル性が低い場合があります。
実はですね。
男性のセクシャル性が低い場合も、レスになる原因のひとつなんですね。
理由は、セクシャル性が低い男性は、テストステロン(男性ホルモン)レベルも低いので、性欲が高くないんです。
そうなるとですね。
こういった男性たちは、女性と営みをしなくても、自分だけの営み(セルフといいます)で満足してしまうんです。
もしもあなたのご主人が、このタイプに該当する場合、そして、もしもあなたが『待つ』というアプローチをしている場合、おそらく、レスの解消は永遠にできません。
レスには、いくつかのタイプがあります。
もしもあなたがレスという状況に陥っていらっしゃるのであれば、まずは、あなたの『レスのタイプ』を知ることが必要です。
そして、ご主人が『どのタイプの男性』に当てはまっているのかについても、知る必要がありますね。
レスと、セクシャル性と、羞恥心。
これらの3つは、全て、つながっているんです。
雰囲気まかせでは、レス解消はできませんよ^^;

夫婦コンサルタント・伊藤敏恵の夫婦仲を修復するカウンセリング

ハートカウンセリングのお問い合わせはこちらです
ハートカウンセリングのお申込みはこちらです

P.S.ちなみに、私はですね…
かなりのレベルで『羞恥心』は手放してありますねはぁと
そうなるとですね…
私にとって、セクシャル性の低い男性は、とっても、退屈になってしまうんですよ^^;
そういう意味でも、私はセクシャル性が高い主人と、とっても、マッチしているようですはぁと
ふたりともが、高いセクシャル性を持っているので、わたしたちふたりのセクシャルな世界は、とっても楽しいんですよはぁと
あなたも、そんな楽しいセクシャルな世界の住人になりませんか?
■CD好評発売中。こちらで私のCDジャケットをご覧いただけますおんぷ


こちらも合わせてお読みください

2012年06月10日 ■私の癖…


伊藤敏恵
夫婦コンサルタント
心理カウンセラー

ピックアップ

Recent Posts

最愛の女性になるための夫婦の心理学

最愛の女性になるための
夫婦の心理学・メールマガジン

お名前(姓)
(例)山田
お名前(名)
(例)花子
メール
アドレス

メール
アドレス

 ※確認用

7つのラブシークレット

❤夫婦コンサルタント伊藤敏恵の 愛する男性の オンリーワンになるための 『7つのラブシークレットCD』 $夫婦仲修復*愛情あふれる夫婦を作る*夫婦の心理学-CDimage

結婚した男性が 結婚生活に望む9つの願望

❤夫婦コンサルタント伊藤敏恵の 結婚した男性が 結婚生活に望む 『9つの願望』 $夫婦仲修復*愛情あふれる夫婦を作る*夫婦の心理学-2ndCDimage

ラブリターンズプログラム

❤夫婦コンサルタント伊藤敏恵の 夫婦関係を修復して 夫婦愛を築くプログラム ラブ・リターンズ $夫婦仲修復*愛情あふれる夫婦を作る*夫婦コンサルタント伊藤敏恵の夫婦の心理学-lovereturnslogo2

夫婦関係修復個別コンサルティング

❤夫婦コンサルタント伊藤敏恵の 夫婦仲を修復するための 解決策を見つける 夫婦問題カウンセリング $夫婦仲修復*愛情あふれる夫婦を作る*夫婦の心理学-counselinglogo

夫に浮気をさせない5つの秘訣

❤夫婦コンサルタント伊藤敏恵の 夫に浮気をさせない5つの秘訣 マニュアル $夫婦仲修復*愛情あふれる夫婦を作る*夫婦コンサルタント伊藤敏恵の夫婦の心理学-5tips

Categories


このページのTOPへ