夫婦コンサルタント伊藤敏恵


■『愛すること』と『愛を育むこと』は同じではないんです


?『愛すること』と『愛を育むこと』は同じではないんです
皆さん、こんにちは。
夫婦コンサルタントの伊藤敏恵です。
あなたは、
『愛すること』と『愛を育むこと』は同じではない

ということをご存知ですか?
『夫婦愛を築く』というのは『ふたりで愛を育む』ということです。
あなたは、ご主人との『愛の育み方』を知っていらっしゃいますか?
ちょっと、こちらをご覧くださいね。
$夫婦仲修復*愛情あふれる夫婦を作る*夫婦の心理学-amepic
こちらは、私のブログを、
「どのような”検索ワード”で、見つけてくださっているか?」
という、アメバアナライズの解析結果なんです。
(※マイページから、アクセス解析で確認することができますヨ)
検索ワードの第1位は、
“愛情あふれる夫婦関係を築く”です。
第2位は、私の名前ですね。
そして、
第3位は、“旦那に愛されたい”です。
第4位は、“愛あふれる夫婦”です。
第5位は、“夫婦仲修復”です。
この結果からもわかるように、
多くの皆さんが、

「愛情あふれる夫婦関係を築きたい」
「旦那さまに愛されたい」
「愛があふれる夫婦になりたい」
「夫婦仲を修復したい」

という願いを持っていらっしゃるということが、わかりますね。
『愛すること』というのは、『愛を与えること』です。
『愛を与えること』と『愛を育むこと』は同じではありません。
あなたには、その違いがわかりますか?
もしもあなたにお子さんがいらっしゃったら、その違いが、とても理解しやすいことと思います。
あなたは、自分のお子さんを愛しているので、お子さんに『あなたの愛を与えます』
でも、だからといって、あなたとお子さんは、お互いの愛を育んではいませんよね?
もちろん、お子さんもあなたのことを愛してくれるでしょう。
でも、あなたのお子さんは、将来、別の誰かと愛を育むとは思いますが、愛を育む相手は、あなたではありませんよね??
「愛すること」は、ひとりでもできること。
「愛を育むこと」は、ふたりですること。

つまり、
『愛すること』は、相手に対して『自分の愛』を捧げるというスタイルですから、あなたひとりでできます。
でも『夫婦愛を築く』場合は、『あなたの愛』をご主人に捧げるだけではできません。
『ご主人の愛』も、あなたに捧げられる必要があるんです。
人を愛することは、自分ひとりでもできます。
でも、愛を育むことは、自分ひとりではできません。
「愛を育むこと」は、ふたりの共同作業でもあるんですね。
『相手を愛すること』
『相手を愛で包んであげること』
『相手に深い愛を与えること』
なども、大切ですよ。
しかし、それだけでは、夫婦の愛は育むことはできません。
『夫婦愛を築く』というのは、
『ふたりで愛を育む、ふたりの共同作業』
ですからね。
夫婦になった後は『お互いの愛を育む』ということが必要になるのです。
あなたが望んでいることはどちらですか?
『ご主人を愛すること』ですか?
それとも、
『ご主人と夫婦愛を築くこと』ですか?


こちらも合わせてお読みください



伊藤敏恵
夫婦コンサルタント
心理カウンセラー

ピックアップ

2012年11月26日
■3連休-その2

Recent Posts

最愛の女性になるための夫婦の心理学

最愛の女性になるための
夫婦の心理学・メールマガジン

お名前(姓)
(例)山田
お名前(名)
(例)花子
メール
アドレス

メール
アドレス

 ※確認用

7つのラブシークレット

❤夫婦コンサルタント伊藤敏恵の 愛する男性の オンリーワンになるための 『7つのラブシークレットCD』 $夫婦仲修復*愛情あふれる夫婦を作る*夫婦の心理学-CDimage

結婚した男性が 結婚生活に望む9つの願望

❤夫婦コンサルタント伊藤敏恵の 結婚した男性が 結婚生活に望む 『9つの願望』 $夫婦仲修復*愛情あふれる夫婦を作る*夫婦の心理学-2ndCDimage

ラブリターンズプログラム

❤夫婦コンサルタント伊藤敏恵の 夫婦関係を修復して 夫婦愛を築くプログラム ラブ・リターンズ $夫婦仲修復*愛情あふれる夫婦を作る*夫婦コンサルタント伊藤敏恵の夫婦の心理学-lovereturnslogo2

夫婦関係修復個別コンサルティング

❤夫婦コンサルタント伊藤敏恵の 夫婦仲を修復するための 解決策を見つける 夫婦問題カウンセリング $夫婦仲修復*愛情あふれる夫婦を作る*夫婦の心理学-counselinglogo

夫に浮気をさせない5つの秘訣

❤夫婦コンサルタント伊藤敏恵の 夫に浮気をさせない5つの秘訣 マニュアル $夫婦仲修復*愛情あふれる夫婦を作る*夫婦コンサルタント伊藤敏恵の夫婦の心理学-5tips

Categories


このページのTOPへ